熊本県の倒壊建物アスベスト対策として、防じんマスク無償配布|アスベスト解体ネットの運営者ブログ

熊本県の倒壊建物アスベスト対策として、防じんマスク無償配布 お電話いただく際のポイント ブログ トップページ

熊本県の倒壊建物アスベスト対策として、防じんマスク無償配布


熊本県を中心に相次いでいる地震で倒壊した建物から、有害物質「アスベスト(石綿)」が飛散する恐れがあるため、環境省と厚生労働省は22日、防じんマスク計6万6580枚を被災者やボランティアに無償で配布すると発表した。

引用元:読売新聞

2016年4月24日

 

アスベストは、天然の鉱物繊維です。その直径は0.02から0.06ミクロン(1ミクロンは1mmの1000分の1)であり、「髪の毛の5000分の1」という非常に細かいものです。
そのため、吸い込んで肺の中に入ると、肺の組織に刺さり、溶解せずに残って、中皮腫や肺がんなどの原因になります。

 

そして20~40年の潜伏期間を経て発症するのです。アスベストが「静かな時限爆弾」と呼ばれるゆえんです。

 

アスベストは、その飛散性の高さ・危険度から、レベル1、レベル2、レベル3に分けられます。

 

最も危険なのは、レベル1の「吹付けアスベスト」で、1980年代まで鉄骨造の建物の天井・梁などに使われていました。

 

レベル2の「保温材・断熱材」も、2004年まで煙突や鉄骨造の建物の梁・柱などに使われていました。

 

レベル3の「石綿含有建材(成形板)」も、2004年まで内外装材、屋根材、床材などに使われていました。

 

アスベストはこのように多岐にわたって使われていたので、倒壊した建物の周辺や、がれき置き場などで作業する際は、必ず防じんマスクを着用してください。

 

2011年の東日本大震災でも、建物の倒壊や解体作業でアスベストが飛散する危険性が指摘されました。

 

この時の教訓から、防じんマスクが無償配布されているので、アスベストの危険性を認識して、必ず着用するようにしてください。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSリーダー follow us in feedly

熊本県の倒壊建物アスベスト対策として、防じんマスク無償配布

アスベスト分析結果速報 熊本県を中心に相次いでいる地震で倒壊した建物から、有害物質「アスベスト(石綿)」が飛散する恐れがあるため、環境省と厚生労働省は22日、防じんマスク計6万6580枚を被災者やボランティアに無償で配布すると発表した。引用元:読売新聞2016年4月24日アスベストは、天然の鉱物繊維です。その直径は0.02...

≫続きを読む

熊本市、被災建物のアスベスト使用を調査

アスベスト分析結果速報 熊本市は、地震で被災した建物に健康被害を引き起こすアスベストが使われていないか確認する調査を始めました。熊本市が2日から始めた調査では、アスベストの専門家などが建物の壁に入ったひびをライトで照らして断熱材の素材を確認したり、建物の所有者にいつ建てられたのかを聞き取ったりしていました。引用元:NHK ...

≫続きを読む

東京都が建設リサイクル法に関する一斉パトロールを実施

東京都一斉パトロール 東京都では区市と共に、建築物解体現場等における建設副産物のリサイクル等を適正に進めるために都内全域で一斉パトロールを行っています。今回のパトロールでは、石綿含有建材(スレート板等の成形板等を含む)の分別状況等についても重点的に確認しました。引用元:東京都報道発表資料建設リサイクル法に関する一斉パトロ...

≫続きを読む

厚労省「ブラック企業リスト」を更新 石綿関連業者も4社追加

アスベスト事前調査 厚生労働省は8月15日、労働基準関係法違反の疑いで送検された国内企業のリストを更新した。引用元:長時間労働削減に向けた取組|厚生労働省労働基準関係法令違反に係る公表事案2017年8月15日このリストは今年5月に初公開し、電通・パナソニック・日本郵便など大企業も名を連ねる「ブラック企業リスト」として話...

≫続きを読む


ブログ TOP アスベスト解体ネットTOP 登録業者について 工事実績のご紹介 お客様の声 無料見積はこちら! 運営会社概要