分離発注とは | アスベスト解体の無料一括見積ならアスベスト解体ネット

分離発注とは | アスベスト解体ネット お電話いただく際のポイント アスベスト解体ネット トップページ

分離発注とは→アスベスト解体費用を40%安くする方法

分離発注とは文字通り「分けて発注すること」です。「アスベスト工事と解体工事の分離発注」では、アスベスト工事と解体工事を分けて発注することを意味します。

 

発注者が、ハウスメーカー(住宅販売会社)や工務店と、解体から建築までの一括契約をした場合、ハウスメーカーや工務店が元請となり、下請けとなるアスベスト・解体工事業者を選定します。

 

この場合、20~30%ほどの元請の中間マージン(利益)がアスベストと解体費用に上乗せされます。加えて、下請業者のマージンも10%ほど上乗せされます。

 

また、「建築と解体の分離発注」では、建築工事と解体工事を分けて発注することを意味します。

 

この場合も、ハウスメーカーや工務店が元請になると、20~30%ほどの元請の中間マージン(利益)が解体費用に上乗せされます。加えて、下請業者のマージンも10%ほど上乗せされます。

 

このような発注形態ではなく、発注者が直接アスベスト業者や解体業者に依頼することを分離発注と言います。

 

分離発注することにより、中間マージンがカットされ、工事費用を40%も大幅に安くすることができるのです。

 

次のページでは、分離発注の構造をグラフを用いてより具体的にご説明いたします。

 

「アスベスト工事と解体工事の分離発注」>>

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSリーダー follow us in feedly

 

アスベスト解体ネットのお問い合わせボックスです。

お電話の際のポイント
メールの場合はこちらをクリックしてください


トップページ ご依頼の流れ 登録業者について 工事実績のご紹介 お客様の声 無料見積はこちら! 運営会社概要