アスベスト一斉パトロール|アスベスト解体ネットの運営者ブログ

東京都が建設リサイクル法に関する一斉パトロールを実施 お電話いただく際のポイント ブログ トップページ

東京都が建設リサイクル法に関する一斉パトロールを実施


東京都では区市と共に、建築物解体現場等における建設副産物のリサイクル等を適正に進めるために都内全域で一斉パトロールを行っています。今回のパトロールでは、石綿含有建材(スレート板等の成形板等を含む)の分別状況等についても重点的に確認しました。

引用元:東京都報道発表資料

建設リサイクル法に関する一斉パトロールを実施しました

2017年7月27日

 

今回のパトロールで、石綿含有建材(スレート板等の成形板等を含む)の分別状況等についても、重点的に確認したことは非常に良かったと思います。

 

その結果、東京都は、アスベストの飛散防止に関する以下の指導を行いました。

 

1.建材のアスベストの事前調査を行うこと

 

2.建材のアスベストの事前調査結果を適切に掲示すること

 

1については前回の記事でも記載したように、極めて重要です。

 

アスベスト事前調査の重要性>>

 

2については当然ですが、アスベストの事前調査を行っていなければ、「建材のアスベストの事前調査結果を適切に掲示すること」はできません。

 

東京都一斉パトロール

引用元:建設リサイクル法に関する一斉パトロールの実施報告

 

上記の表に記載の通り、今回のパトロールでは「建材のアスベストの事前調査結果の掲示が無い場合」が116件もありました。

 

今回のパトロール現場数の合計が644件ですから、事前調査結果の掲示が無い場合が何と18%もあったのです。

 

事前調査結果の掲示が無いので、当然ながらアスベストの事前調査・分析を行っていません。
従って、これらの現場ではアスベストが使われている可能性があるのです。

 

悪徳アスベスト業者は、役所による立ち合い検査の前に、「検査用の完璧な養生(密閉措置)」をつくります。
そして立ち合い検査を乗り切った後は、手抜き養生のし放題で養生費用を浮かせるのです。

 

ですから、このような悪徳アスベスト業者を摘発するには、立ち合い検査を抜き打ちで行うしかありません。

 

その意味で、今回のようなアスベストの飛散防止のためのパトロールは非常に効果的です。

 

今回は、当該月の対象建設工事届出件数2,612件の約25%に当たる644件に対してパトロールが行われましたが、さらにパトロール件数を増やしていくことが、アスベストの飛散防止のためには最重要と考えます。

 

そして、工事の届出が出ていない案件についても、抜き打ちの検査を拡大すべきです。
なぜなら、届出が出ていない案件の中に、アスベストが使われているケースがあるからです。

 

行政としても人員・時間・費用などの点で大変なのはわかりますが、アスベストの飛散防止、適切なアスベスト除去・アスベスト解体工事実施のため、早急に推進していくことを強く望むものです。

 

悪徳アスベスト業者の手口>>

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSリーダー follow us in feedly

熊本県の倒壊建物アスベスト対策として、防じんマスク無償配布

アスベスト分析結果速報 熊本県を中心に相次いでいる地震で倒壊した建物から、有害物質「アスベスト(石綿)」が飛散する恐れがあるため、環境省と厚生労働省は22日、防じんマスク計6万6580枚を被災者やボランティアに無償で配布すると発表した。引用元:読売新聞2016年4月24日アスベストは、天然の鉱物繊維です。その直径は0.02...

≫続きを読む

熊本市、被災建物のアスベスト使用を調査

アスベスト分析結果速報 熊本市は、地震で被災した建物に健康被害を引き起こすアスベストが使われていないか確認する調査を始めました。熊本市が2日から始めた調査では、アスベストの専門家などが建物の壁に入ったひびをライトで照らして断熱材の素材を確認したり、建物の所有者にいつ建てられたのかを聞き取ったりしていました。引用元:NHK ...

≫続きを読む

東京都が建設リサイクル法に関する一斉パトロールを実施

東京都一斉パトロール 東京都では区市と共に、建築物解体現場等における建設副産物のリサイクル等を適正に進めるために都内全域で一斉パトロールを行っています。今回のパトロールでは、石綿含有建材(スレート板等の成形板等を含む)の分別状況等についても重点的に確認しました。引用元:東京都報道発表資料建設リサイクル法に関する一斉パトロ...

≫続きを読む

厚労省「ブラック企業リスト」を更新 石綿関連業者も4社追加

アスベスト事前調査 厚生労働省は8月15日、労働基準関係法違反の疑いで送検された国内企業のリストを更新した。引用元:長時間労働削減に向けた取組|厚生労働省労働基準関係法令違反に係る公表事案2017年8月15日このリストは今年5月に初公開し、電通・パナソニック・日本郵便など大企業も名を連ねる「ブラック企業リスト」として話...

≫続きを読む


ブログ TOP アスベスト解体ネットTOP 登録業者について 工事実績のご紹介 お客様の声 無料見積はこちら! 運営会社概要