悪徳アスベスト業者のありえない養生例|アスベスト解体ネットの運営者ブログ

悪徳アスベスト業者のありえない養生例 お電話いただく際のポイント ブログ トップページ

悪徳アスベスト業者のありえない養生例

アスベスト分析結果速報

 

くい打ちデータ偽装問題における、売り主の三井不動産レジデンシャルと元請の三井住友不動産、その後も東芝・三菱自動車など、大企業による不祥事が頻発しています。

 

今年の3月、超大手の不動産販売会社より当サイトに電話がありました。
4階建ての鉄骨建物を現地調査して、アスベスト除去費用の見積もりを提出してほしいとのことでした。

 

早速、当サイト登録のアスベスト専門業者が現地に行ったのですが、その現場は信じがたいほどひどい状況でした。

 

アスベスト養生(密閉措置)には、プラスチックシート(ポリシート)を用いるのですが、何とこの現場では「ブルーシート」が使われていました。
ブルーシートは密閉性がないため、髪の毛5000分の1の小ささのアスベストを飛散させてしまいます。

 

それ以外にもありえない措置だらけで、まるで素人が養生措置をしたかのようでした。

 

不動産販売会社の担当者によると、行政の立ち合い検査で不合格となったようです。
この状態ではOKが出るはずがありません。

 

更に聞くと、このアスベスト除去工事を290万円(税込)で請け負った業者に70万円を前払いしたが、その業者がどこかに逃げてしまったようです。
この悪徳業者は、あるアスベスト業者仲介サイト経由で紹介されたとのことでした。

 

この建物は鉄骨4階建てで、延べ床面積は370㎡。
ブルーシートでの違法養生を全て取り外し、養生し直さなければなりません。

 

当サイトのアスベスト専門業者が、
「概算で600~700万円位のアスベスト除去費用が掛かります」
と伝えると、不動産販売会社の担当者は途方に暮れていたようです。

 

当サイトでは何度も指摘させていただいているのですが、
「安すぎる業者には絶対に発注しないでください」。

 

「通常の半値でできます」などという業者は、間違いなく違法業者、悪徳業者です。
今回のケースのように、違法な手抜き工事をしなければ半値では実施できないのです。

 

この違法業者について調べてみると、昨年9月に設立された新設法人でした。
大手不動産販売会社が、このような業者に通常の半値で工事を発注するとは、最近の大企業による不祥事の一端を垣間見る思いがした次第です。

 

※この悪徳業者による実際の養生写真などについては、アスベスト解体ネットに記載していますので、そちらも合わせてご覧ください。

「悪徳業者の見分け方」はこちら>>

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSリーダー follow us in feedly

悪徳アスベスト業者のありえない養生例

アスベスト分析結果速報 くい打ちデータ偽装問題における、売り主の三井不動産レジデンシャルと元請の三井住友不動産、その後も東芝・三菱自動車など、大企業による不祥事が頻発しています。今年の3月、超大手の不動産販売会社より当サイトに電話がありました。4階建ての鉄骨建物を現地調査して、アスベスト除去費用の見積もりを提出してほしいと...

≫続きを読む


ブログ TOP アスベスト解体ネットTOP 登録業者について 工事実績のご紹介 お客様の声 無料見積はこちら! 運営会社概要