登録業者について | アスベスト除去見積比較ネット

アスベスト除去トップ>当サイトについて>登録業者について

アスベスト除去処理工事において業者選びは最も大切なポイントです。

ずさんな手抜き工事によりアスベストが飛散してしまったら、近隣の方々を含め大変な事態になってしまいます。

登録業者は、当サイト運営責任者の国松が、じかにお会いして信頼できると確信した優良業者さんばかりです。

国の指定機関による、「アスベスト除去工法に関する審査証明」を有する業者など、当サイトの考えにご賛同いただいた、実績豊富な専門業者組織です。

以下の厳しい登録基準をクリアした、「実績豊富な法令厳守の優良業者」ですから、どうぞ安心してお見積もりをご依頼ください。

当サイトの登録基準は次の通りです。

1.自社施工の専門業者であること
工事を下請業者に出さずに自社施工を行う専門業者は、間接費用が掛からないので、工事費用が抑えられます。自社で職人を抱え、アスベスト処理用機材も取り揃えているので、質の高い工事が適正価格で施工可能となります。

2.お客様の立場に立ち、丁寧な対応ができること
現場の状況により的確な対応策を提示することができ、工事内容や工事過程、工事中の住民に対してのアドバイスなどを分かりやすく丁寧に説明できる業者です。また、現地調査の上、詳細な見積もりを提示し、その見積もりに関する細かな質問にも的確に答えることができます。

3.豊富な現場施工の経験があること
少なくとも5年以上、100件以上の現場施工の経験を有しています。

4.役所との折衝・手続きを常に行っていること
アスベスト処理工事においては、役所との折衝や届け出の手続きが多くあり、これらの対応に豊富な経験を有しています。

5.過去に事故を起こしたことがないこと
アスベスト飛散事故を始め、過去に一切関連事故を起こしたことがない業者です。

6.工事に必要な資格を有していること
アスベストの除去作業には、作業方針の決定や労働者の指揮、除去において必要な装置類の点検などの責任者「石綿作業主任者」と、産業廃棄物の正しい後処理を行う「特別管理産業廃棄物管理責任者」の資格者を置くことが義務付けられています。

また労働者全員に石綿障害予防規則に基づく特別教育を実施しなければなりません。
なお、2006年(平成18年)3月31日までに特定化学物質等作業主任者技能講習を修了した者については、石綿作業主任者として選任してもよいことになっています。

その他、除去作業を行なう作業員は、法律で定められている健康診断を受けている者(じん肺法、特定化学物質等障害予防規則などに基づくもの)であることが必須条件です。

7.廃棄物処理を適切に行っている「法令厳守の業者」であること
アスベストは特別廃棄物として、廃棄物処理法により安全な廃棄方法が定められており、専用の産業廃棄物ポリ袋を使用します。
除去したアスベストは粉じんが舞い散らないよう、飛散防止剤を塗布し、産業廃棄物用の専用ポリ袋を二重にして、管理型最終処分場にて処分します。

8.適正価格での工事を行うこと
当サイトの登録業者は登録基準の1で既述しましたように、自社施工業者です。自社施工業者は、工事を下請業者に出さないので、間接費用が掛からず工事費用が抑えられ、質の高い工事を適正価格で施工可能です。

さらに、解体業者経由でなく、アスベスト登録業者に直接発注されますので、解体業者の中間マージンがカットされ、工事価格はさらに安くなります。

このような当サイトの仕組みにより、お客様にご満足いただけるお得な工事価格のご提示が可能になっております。

工事費用が安すぎれば、当然原価割れを起こし、工事のどこかの部分で手抜きをし、穴埋めしなければならなくなります。
従って、当サイトでは、工事費用が安すぎる、格安を売りにするような業者はあえて除外しています。

9.工事前に必ず契約書を交わすこと
工事開始前に、工事代金や支払期日、工事の開始日や完了日を明記した契約書を締結させていただきます。工事はこの契約書に基づき確実に行われますので、工事完了まで安心してお待ちください。

10.お客様の個人情報を厳正に管理し、お客様の許可なく第三者に開示しないこと
当サイトやご紹介した登録業者からお客様の個人情報が流出することは一切ありません。当サイト登録業者は、「お客様の個人情報を厳正に管理し、お客様の許可なく、その個人情報を第三者に開示してはならない」という条項を記載した契約書を締結しております。どうぞご安心下さい。

11.工事完了報告書の写しをお渡しすること
工事完了後に、各関係役所に工事完了報告書を提出します。お客様には、この写しをお渡しいたします。

<戻る> <トップへ> <次へ>→「工事実績のご紹介」>> 

 

    お問い合わせの場合は メールの場合はこちらをクリックしてください メールの場合はこちらをクリックしてください メールの場合はこちらをクリックしてください メールの場合はこちらをクリックしてください メールの場合はこちらをクリックしてください メールの場合はこちらをクリックしてください メールの場合はこちらをクリックしてください メールの場合はこちらをクリックしてください

 

※下記のメニューもご利用ください。